世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

サラリーマンがiPhoneの画面割れを放置してはいけない理由

f:id:kowalski22:20181127053735p:plain

こんにちはiPhone3台持ちブロガーのコワルスキーです。

iPhone3台を持っていますがその3台、全て画面は割れていません。

僕はこれ、サラリーマンとして当然のたしなみだと考えていますが、皆さんはどう思いますか?

ほとんどの人がiPhoneの画面が割れたままにしておくのを、よしとしないと思っているかと思います。

 

しかしながら、そこそこの割合でいるんですよね。

iPhoneの画面を割れたままにしている人が。

これだけ強化ガラスが販売されているのに、なぜか割ってしまっていて、さらに治しもせずに放置をしているという。

 

この記事では、サラリーマンがiPhoneの割れを放置しておくのがサラリーマンにとってマイナスである理由を書いてみたいと思います。

もしも周りにiPhoneの画面が割れている人がいたら、ぜひ読むことをお勧めくださいね。

 

 

iPhoneの画面割れ放置をするとだらしない人だと思われる

iPhoneの画面を割れたままにしている人を見ると、あなたはどう思うでしょう。

「なんだかだらしないな」って思ってしまいませんか?だらしないなって思わないかもしれませんが、なんだか不快ですよね。割れたiPhoneの画面って。

 

人が持っているスマホって結構見てしまうんですよね。

「あ、iPhoneなんだ」とか「あ、一番新しいiPhone使ってるんだとか」ついつい視線は相手が持っているスマホに向かってしまいます。

その昔、サラリーマンは足元を綺麗にしなさいと言われることがありました。

足元はなんだかんだ良く見られるから、足元が汚れていると、全体的にダメな人だと思われるっていうことなんですが、今はiPhoneも同様の扱いになっているのではないでしょうか。

 

いくら最新のiPhoneを持っていても、画面が割れているとイマイチ信用できない人だと認定されてしまうから要注意です。

 

 

iPhoneの画面割れ放置をすると心が荒んでくる

いつも画面が割れたiPhoneを持っていると、なんだか心が荒んでくるんですよね。

多分生活の中で一番手にする機会が多いツールですから当然でしょう。

iPhoneを手にするたびに、割れた画面を目にするのです。

自分だって気持ちの良いものではないでしょう。

 

身の回りで一番多く目にするものが、いつも壊れている。

この欠損した状態が持ち主の精神に影響を及ぼさないわけがありません。

 

 

iPhoneの画面割れ放置をするとせっかくのiPhoneを使わなくなる

で、割れた画面のiPhoneを見続けるのが多くなって、心が荒んだ結果、iPhoneを使わなくなってしまうんですよね。

なんだか目にするのも嫌になるという感じです。

 

10万円近くの支払を約束して手にすることができたiPhoneを、結局ほとんど使わないという悲しい結末を迎えてしまうのです。

 

 

iPhoneの画面割れ放置をすると最後にはiPhoneが壊れる

また、画面バキバキのiPhoneを見るのが嫌になって、それでも必要な時にしょうがなく使っていると、やっぱり最終的には壊れてしまうんですよね。

一度割れた画面は、どんどんその割れの勢力を拡大していきますし、その割れ目から水などが侵入してしまいます。

 

昔は僕のiPhoneもよく画面が割れていた

iPhoneの画面を割れたままにして、だらしないと思われて、生活も荒れて、そのうちiPhoneを使わなくなる。

そして最終的には壊れて使い物にならなくなる。

 

これ、全部自分が経験をしたことです。

iPhone3GSを使っていた頃、僕のiPhoneは割れていました。

ただ会社の古参の社員に「だらしなく見えるよ」って一言注意されてからは、画面割れを放置することはなくなりました。

 

iPhoneの画面割れはやっぱり人生に悪影響をおよぼすと思います。

しっかり強化ガラスを貼りましょう。

これでほとんど割れなくなるはずです。

そして万が一割れてしまった際は、速やかに治しましょう。

理想はAppleの店舗ですが、最悪信頼できそうなお店で治してもらいましょう。

 

せっかくiPhoneという素晴らし武器を持っているのです。

画面割れなんてもったいない状態にはせずに、思う存分活用してやりましょう。