世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

【集中力低下】鼻がつまったまま仕事をしない方が良い理由

【Amazon.co.jp 限定】小林愛香 1st写真集(仮) アマゾン限定絵柄 生写真付き

鼻づまりの人は仕事に支障があります。

 

鼻炎の人もいるでしょうし、体質的にどうしようもないという人もいるでしょう。しかし、治すことができる場合は、仕事に取り組む前に鼻づまりを治した方が良いでしょう。

 

鼻づまりを放置して仕事をするのは、あなたの仕事に甚大なる悪影響を及ぼすからです。

この記事では、鼻づまりの人はなぜ仕事ができないのかについて書いてみたいと思います。

 

 

集中力がなくなる

一番の問題は集中力が低下するということです。

エビデンスと言うと自分の体験がメインになってしまいますが、過去に鼻づまりは集中持続時間を半減させるらしい、という研究結果 | ライフハッカー[日本版]と言う記事がアンケート調査を基に書かれていますので概ね間違ってはいないでしょう。

 

たしかに、強い集中力を発揮して仕事をしている人で、鼻づまりの声を出している人は見たことがないような気がします。

 

自分でも薄々わかっているはずです、詰まった鼻が気になって仕事に集中できない、呼吸が思いのままにできなくて仕事中にイライラしてしまうということがあることを。

 

集中して仕事をするために、鼻づまりは早く治した方がよいでしょう。

 

 

鼻づまりは聞き間違い原因になる

鼻がつまっている人の声の聞きづらさは、本人が思っている以上です。

くぐもったこえで、時折鼻をすすりながら話されると、ところどころ聞き取れない場合があります。

 

これが、言った言わないであったり、伝達ミスにつながってしまうのです。

 

鼻づまりを放置したまま仕事を続けていると、いつか大きなトラブルに巻き込まれる、または巻き起こしてしまうでしょう。

 

齋藤飛鳥ファースト写真集 潮騒

鼻づまりはみっともない

蓄膿だったり、慢性鼻炎だったり、どうしようもないことがあるのはわかります。

でもやっぱり多くの人は鼻づまりの人を見て思うでしょう。

 

「みっともないな」

 

営業マンが面会にきて、終始鼻をグズグズさせていて、聞き取れない声で話していると、やっぱり気持ちの良いものではありません。

「なんとかならないのかなあ」と思ってしまうのが本音です。

 

いつも鼻がつまっている人を見て、「この人は仕事ができるなあ」とはなかなか思えないでしょう。

 

鼻づまりを解消するには

鼻づまりを放置しておいては、なかなか仕事のできる人にはなれません。

できるだけ速やかに鼻づまりを治すのが先決です。

 

病院に行くのが手っ取り早いのですが、なかなか時間が取れないと言うような人は、以下のサイトなどを参考にしてみてはいかがてしょうか。

不快な鼻づまりの解消法 | おばあちゃんの知恵袋 | サワイ健康推進課

 

いつも鼻がつまっているから、まあいいやと放置しないで、まともな仕事をするためにも早く鼻づまりをかいしょしましょう。