世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

リボ払いで借金が150万円に膨らんだ時の気持ち

f:id:kowalski22:20181104053824p:plain

四六時中お金のことを考えている。

 

こんなセリフを耳にすると、金の亡者の成金みたいな人をイメージするという人、多いのではなないでしょうか。

 

実はお金持ちって、それほどお金のことをかんいなくて、むしろお金がない人の方がお金のことがいつも頭から離れないものなのです。

特に借金をしている時は。

 

この記事では、過去リボ払いで150万円以上の借金をした僕が、借金が膨らんだ時の気持ちを苦々しく思いだしつつ書いていきたいと思います。

 

 

そもそも借金の原因は?

完全にキャバクラを中心とした夜遊びにはまってしまったんですよね。

特定の女の子に貢いだとかじゃなく、ただただ遊ぶのが楽しくてしょうがなくて、一括払いしていたクレカの支払いが追いつかなくなってしまって、気がついたらリボ。

 

リボ払いの返済金額も最初は数回で支払いが終わるようなソコソコの金額だったんですが、これも気がつくと月2,000円とか。

もう利息にものらないような支払いしかできなくなって、クレカ数社の限度額まったなしまでいったというわけです。

 

畠山愛理写真集 CONFESSION (アーティストシリーズW)

 

いつも支払いのことを考えるようになる

借金が膨らんでくると、毎月の支払いが追いつくか不安になってくるんですよね。

給料から家賃や光熱費が引かれて、数社の月々の返済額を捻出できているのか、いつも気になってしまいます。

 

大丈夫だろうか。きっと大丈夫。なんとかなるさ。こんな思考がグリグリ回る日々です。

なんでお金のことをこんなに気にする人生になってしまったんだろうと、後悔ばかりでした。

 

吉岡里帆写真集 so long

人付き合いも悪くなる

お金がない時に1番困るのが、飲み会なんかに誘われること。

マジでお金がないから、行けないんですよね。

 

でも、飲み会に行けないほどにお金がないなんて言えるわけもなく、ただただ誘われなければ良いなって思ったり、断る理由を考えたり、周りで飲み会の話が出ているとソワソワしてしまいます。

 

カードの勧誘やiPhoneの審査にビビる日々

勤め人をしていると、付き合いでクレジットカードを作るよう勧誘されるのがアルアルなんですが、これが結構困ります。

 

クレジットカードなんて、もう絶対増やしたくはないし、そもそも審査に通らないのです。

一度断れなくて申込書を送ったら、ご希望に沿えませんとお手紙がとどいたことがありまして、この時のミジメさと言ったら。

 

iPhoneを買おう!なんて彼女と携帯ショップ行って、一瞬審査が通らなかったこともありまして、汗が吹き出てきました。

 

 

借金があるといつもお金のことが不安

生活しているとお金の話って、いたるところでつきものです、というか、関所のように立ちはだかります。

 

借金をしている時って、どの関所の通行手形も持っていない状態で旅をするようなものじゃないでしょうか。

 

何かをやろうとしても、どこに行こうても、誰と会おうても、お金がなきゃ何もできまないのです。

 

リボ払いで150万円の借金があるころのこと、実ははっきり記憶に残っていません。

夢だったのかなとさえ思えます。

それくらい、毎日お金のことを考えていて、他の記憶を残す余裕がなかったのでしょう。

 

安易な借金は本当に人生を台無しにしてしまうなと、あらためての戒めをこめて。