世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

憂うつな電車通勤のストレスを少しでも楽にする通勤スタイル

f:id:kowalski22:20181031052824p:plain

勤め人をやっていると仕事自体のストレスもさるものですが、仕事の前段階でもストレスが溜まってしまわないでしょうか。

そのストレスの代表格と言えるのが電車通勤です。

 

この記事ではストレスの代表格、若頭と言っても過言ではない電車通勤を少しでも快適にするためのアイテムについて書いてみたいと思います。

 

電車通勤を楽にしたいなら通勤スタイルを変えよう

 結論から言います。電車通勤のストレスを少しでも軽くしたいのなら、通勤スタイルを変えるのが手っ取り早いでしょう。

おすすめの通勤スタイルはこんな感じです。

リュックを背負って腕にはApplewatch、スーツはユニクロの感動パンツと感動ジャケット。

 

実際僕は徐々にこんなスタイルで通勤するようになりましたが、かなり楽です。

では、実際にどうストレスが減るのか、どう楽になるのかについてご紹介していきます。

 

 

リュックを背負った時に解放感

リュックを背負うと当たり前ですが、両手があくんですよね。

この両手があいている状態の解放感は、ちょっとびっくりします。

両手でiPhoneを操作することもできるし、老婆が転びそうになってもサッと両腕で抱きかかえることができます。

 

リュックを背負っている時の、身体の身軽さ。

一体自分は何に縛り付けられていたのだろう。

そんな不思議な気分になります。

 

www.kowalski22.com

 

 

Applewatchで改札を通る快感

Applewatchは本当に超おススメです。

通勤に電車を利用していて、Applewatchを利用していない人は、一刻も早く入手すべきでしょう。

ApplewatchにSuicaを登録してください。

 

改札を通る時に、鞄の中から財布を出してモサモサしている姿。

そんなモサモサした自分がApplewatch一つによって、できる男の振舞に変わるから不思議です。

 

改札を通る時に、ただ腕を改札に差し出すだけで良いのです。

きっと向けられることになる後ろの美女からの羨望の眼差しには、最上級のどや顔で応えましょう。

 

改札だけじゃなく、Applewatchがあればコンビニの買い物もスムーズ。

Applewatchを利用するだけで、通勤のストレスは激減するのは間違いありません。

 

www.kowalski22.com

 

 

マギー写真集『new Moon』

軽いスーツは心も軽くする

スーツってただでさえ重いのに、通勤電車の中だと人の熱気でしっとりしてきて、より一層重く感じますよね。

これから会社に向かうっていう憂うつさに拍車をかける重さがスーツにはあります。

 

気持ちの重さはどうしようもないのなら、せめて物理的な重さだけでも軽くしまよう。

ユニクロの感動ジャケットと感動パンツをスーツ代わりにしてください。

ユニクロの感動シリーズはとにかく軽く、また乾きやすいので汗を吸い込んで重くなるようなこともありません。

 

感動パンツを履いていると、なんだかスーツを履いていることを忘れて、小走りしたくなってきます。それほどの躍動感を与えてくれます。

 

重いスーツはやめて、軽い感動ジャケットと感動パンツを利用しましょう。

重いはずの心まで軽くなるような錯覚を起こします。

 

www.kowalski22.com

 

格好を変えるだけで気分は圧倒的に変わる

紺の重いスーツに肩掛けカバン、パンパンに膨れた財布に入っているSuica。

そんな恰好をしていれば、そりゃ通勤のストレスもたまるというものです。

 

少しでも身軽に、身体の自由がきく格好をするようにしましょう。

とりあえず仕事に行く前に疲れた、ストレスがたまったなんて状態はないようにするのです。

 

さあ、リュックを背負って、Applewatchをつけて、感動パンツを履きましょう。

通勤を制する者は仕事も制するのです。