世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

仕事ができない人はなぜメールの返信がないのか。

f:id:kowalski22:20181018051904p:image

仕事ができない人はメールの返信がない。

サラリーマンあるあるではないでしょうか。

 

この記事では、メールの返信がない人は仕事ができないのかについて書いていきます。

 

仕事相手から返信がなくてヤキモキすることが多い人は、この記事を読んで溜飲を下げてください。

 

ついついメールの返信を怠る人は、この記事を読んで反省をしてみるとよいでしょう。

 

 

相手の気持ちを考えていない

メールした相手から一向に返信がないと、少し不安になるものです。

メールですから、基本的未達はありませんし、なんらかの理由で届いていない場合は、送信不能のアラームが届きます。

 

メールは基本的に届いているもの。

それでも、送信したメールに丸一日以上返信がないと気になってしまうものです。

 

だから、早めに返信をしてくれるとありがたいのです。

へんしんがあれば、送ったメールのことを忘れることができるのです。

 

仕事ができない人はこの、メールを送った相手の気持ちが慮れないのです。

 

届いメールが処理をするのに時間がかかるようなものであれば、一言「少し時間をいただきます」と返信をしてくれれば良いのです。

 

メールを放置された相手の気持ち、考えたことがありますか?

 

 

仕事に追われて返信する時間さえとれない

仕事ができない人は、次から次へと仕事に追われて、届いたメールを処理する余裕がありません。

 

仕事に追われているから、至急の要件を電話中心に効率悪く対応をします。

緊急の要件が届くことができないメールを読むのは後回しにになってしまいます。

 

後回しになっていたメールの要件も、放っておくと緊急の案件になって追ってきます。

そうして届いているメールは読む時間は無くなります。

以下ループするわけです。

 

メールを打つのが致命的遅い

部下に対しては、簡単な内容だったらサクサクと返すように指導をしています。

ほとんどの若手は、実践してキビキビ仕事をしています。

しかし、中には一向にメールの返信が進まない若手もいます。

 

よく見てみると、メールを打つのが致命的に遅いのです。

あまりに遅くて、メールを打っている余裕がないという感じです。

 

メールを打つのが遅いと、どうしてもメールから距離を置いてしまい、返信がおろそかになります。

 

年配者に比較的レスが遅かったり、なかったりする人が多いのも、メールを打つのが苦手という理由からなのかもしれません。

 

早く打てるようになりましょう!

相手からの確認連絡に時間を取られている

メールの返信をしていないと、相手が不安になって電話で確認や催促をするようになります。

 

仕事中に「メール送ったんですけど見ましたか?…」とか、「メールにも書いたんですが、いただきます?」なんて問い合わせがガシガシ来ていませんか?

 

ただでさえ仕事が遅いのに、確認と催促の連続でもっと仕事が遅くなるのです。

 

とにかく返信しよう

メールの返信をしていない人は、とにかく返信をする癖をつけてみましょう。

しかもできるだけ早くです。

 

最初は大変かもしれません。

それでもメール即レス習慣は、きっとあなたの人生を輝かしいものにしてくれるでしょう。