世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

平日禁酒のメリットは?意味はある?

【電子版だけの特典カットつき!】永岡怜子写真集『anemone』 (FRIDAY)

こんにちは。禁酒ブロガーのコワルスキーです。

禁酒について情報を発信していると、ごくたまに相談がくるのですが、その中でもよく聞かれる質問があります。

 

今はやりの平日禁酒って意味あるの?

 

今流行りかどうかはわかりませんが、この記事では平日禁酒のメリットや意味があるかについて書いてみたいと思います。

 

 

平日禁酒をするメリットは?

結論からお話しすると、平日禁酒にはメリットがたくさんあって、トライする意味は間違いなくあるでしょう。

 

一体どんなメリットがあるのかを見ていきたいと思います。

 

 

体調が良くなる

まずは禁酒の目的である、体調の改善です。

禁酒をするとずっと感じていた疲労感やだるさのようなものを感じなくなります。

これは禁酒の醍醐味でしょう。

 

僕が禁酒をした経験だと、だいたい禁酒3日目くらいから体調が良い方向へ変化して行くのを感じます。

 

そして、禁酒5日〜1週間で身体がみなぎってくるような感覚を覚えます。

ですから、ベストは1週間の禁酒なのですが、平日禁酒、つまり5日間の禁酒でも体調の良さは感じられるでしょう。

 

また、肝臓を休めるには2日の禁酒が必要なんてことを聞いたことがあります。

平日5日間禁酒を続けていれば、肝臓に疲労が蓄積していくこともないのではないでしょうか。

 

禁酒のストレスがない

【電子版だけのオール未公開カット】FRIDAYデジタル写真集プレミアム 永岡怜子『anemoneひとひら』

禁酒をする唯一のデメリットかなと感じているのが、禁酒自体がストレスになるというものです。

 

平日禁酒であれば、禁酒自体のストレスは感じないのではのいでしょうか。

あと数日待てば美味しいお酒が飲めると思えば、むしろ喜びの感情に包まれることでしょう。

 

週末に飲むお酒がクソ美味しい

で、5日も我慢すると、その先にあるお酒のなんと美味しいことか。

とくにビールの喉越したるや!

 

多分、ある程度の期間お酒を抜いたことで、肝臓を中心とした身体の調子がよく、それがお酒を美味しくさせているのではないでしょうか。

 

もちろん、我慢した反動もあるでしょう。

とにかく、毎日お酒を飲むよりも、平日禁酒をした後に飲むお酒の方が何倍も美味しいと思いますよ!

いつでも禁酒できるようになる

人は何かのきっかけで禁酒をしなければならない事があります。

病気だったり、家庭や仕事の問題だったり。

しなければならない禁酒ができなくて、苦しむ人って結構いるのではないでしょうか。

 

平日禁酒をしていれば、いざという時もすんなり禁酒に移行できるでしょう。

5日禁酒をしていると、お酒を飲まないのが日常になるからです。

 

日常を淡々と過ごすことに、それほどの苦しみはないのです。

平日禁酒には意味がある

ずいずいと平日禁酒のメリットを書いてみました。

やっぱり平日禁酒は意味があるなとあらためて感じました。

 

僕は今、ほとんどお酒を飲みませんが、それでもお酒の素晴らしさはよくわかります。

断酒してしまうと、あの楽しさを忘れることになるのかと思うと、なかなか踏み切れません。

 

ですから、平日禁酒っていうのは都合が良いのです。

お酒と禁酒のいいとこ取りです。

 

体調の完全回復と、その瑞々しさを感じるためには丸1週間は禁酒したいところですが、お酒を人生のスパイスとして楽しむのなら、平日禁酒もかなりアリな話なのです。