世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

サラリーマンがお小遣い制にするメリットとデメリット

 

 

みなさんはお小遣い制でしょうか。僕はなんとかお小遣い制は阻止して、生活費を妻に渡すようにしています。

 

ツイッターを見ていると、識者のような人たちは、そろってお小遣い制に反対をしています。

理由はもっともなものが多いのですが、実際問題お小遣い制のメリットもあるのかなと僕は思います。

ですから、たまに「お小遣い制にしようかな」って考えたりするのが、正直なところです。

 

この記事では、お小遣い制を阻止した僕だからわかる、お小遣い制のメリットとデメリットについて書いてみたいと思います。

 

 

橋本奈々未写真集 2017

 

お小遣い制のメリット

まず、はお小遣い制のメリットについ考えてみようと思います。

仕事に専念できる

1番大きいのが、仕事に専念することができるということでしょう。

家族を持つと以外とお金の問題が発生するのものです。

家の修繕費であったり、子供の学費、冠婚葬祭用の蓄えなど、考えるとキリがありません。

 

自分で家計を管理するようになると、いちいちこれら家計や老後のことを考えて備える必要があります。

仕事してる時なんかも、ふと頭に浮かんでくるんですよね。

家計の収支だったりが。

 

お小遣い制にして、これらお金の管理を奥さんに任せてしまえば、家計の一切については考えなくて済みます。

 

その分頭に余白ができて、良い仕事ができるのではないでしょうか。

 

 

お金が貯まりやすい

僕は独身が長かったせいか、まあまあな浪費家です。

簡単に言うとあればあるだけ使ってしまうというか。

特にお酒を飲むと危なくて、すぐに多目に出したり、スナックやキャバで散財をしてしまいます。

 

付き合いで飲むことの多い男性の方が、この手のタイプは多いのではないでしょうか。

 

結婚してからだいぶまともになりましたが、やっぱり調子にのってお金を使いすぎてしまうことはあります。

 

お小遣い制にしておけば、出したくても多目に出すことはできないし、キャバへ行くなら誰かにお金を借りる必要がでてきます。

さすがにそこまではしないでしょう。

 

散財してしまうタイプは、お金の管理を誰かに任せてしまったほうがお金は間違いなく貯まるでしょう。

 

橋本奈々未ファースト写真集『やさしい棘(とげ)』

 

お小遣い制のデメリット

もう、お小遣い制で良いかなって思うことがしばしばあるのですが、やっぱり踏み切ることができません。

お小遣い制にはデメリットがあるからです。

男らしく振る舞えない

お小遣い制にしてしまうと、あらゆる場面で男らしく振る舞うことができなくなってしまいます。

 

例えば、奥さんになにかプレゼントしようと思っても、お小遣い制では難しいのではないでしょうか。

 

また、予算を握られていると、買う服やスーツも自ずと奥さんに選ばれることになってしまいます。

ユニクロで服を買おうと思っても、「お金がないからG Uにしておきなさい」となりがちです。

 

家庭の中で威厳を保つことができなくなります。

 

飲み会へ行って、少し多めに出すなんてことも当然できなくなりますしね。

 

起業や副業をしにくくなる

お小遣い制になると、生活していくのに必要なお金をもらう事になるのが一般的でしょう。

ご飯食べて、たまに飲みに行って、どうしても必要な分は奥さんにお願いして頂戴するという感じです。

 

こんなんじゃある程度の種銭が必要な起業であったり、副業であったりをすることは不可能でしょう。

 

いや、ちょっと勉強して自己を高めるための書籍代さえ出すことが難しくなるかもしれません。

 

お小遣い制を受け入れるということは、成長することを諦めるということでもあるのでしょう。

妻がやらかしたら借金地獄

最後にちょっと怖いお話。

お金のことを全て奥さんに任せっきりしていると、いつの間にか家計が借金地獄になっていたなんてことが稀に起こります。

 

僕を含めた一部の男性のように、女性でも金銭感覚が異常にゆるかったりする人がいるのです。

もしも家計を任せていた奥さんが、この手のタイプだったら、お小遣い制は超危険です。

 

家計の収支が悪化して、マイナスが膨らんでくるとそれを隠すためにキャッシングするみたいな話、聞きたくないですね。

 

お小遣い制にして、家計に無頓着になったが故の泥沼というところでしょう。

 

結局どっちがいいの?

お小遣制にもメリットデメリットもあります。

一概にどちらが良いとは言えないでしょう。

 

ただ、自己の成長、男らしくいることで訪れる家庭円満、お金に関しての相互監視的な意味を考えると、お小遣い制はやめた方が良いでしょう。

 

もしも今の仕事にとにかく満足していて、家計を預かる奥さんが揺るぎない信頼をおけるタイプであるのなら、お小遣い制でも良いのかもしれませんね。

 

僕の妻はまあまあ信頼はできますが、やっぱり多少の不便や苦労があっても、お金の管理は自分が責任を持ってやっていきたいなと思います。

転職サイトへの登録のおススメ

当ブログはちょっとイマイチなサラリーマンである自分が、同志を応援するために情報を発信しています。

伸び悩んでいるサラリーマンが一番手っ取り早く成果を出す方法は、環境を変えることです。

 

まずは転職サイトへ登録しましょう。

自分が最近使用しているミーダスというサイトは登録が簡単、想定年収が見られるなどおススメです。

10分でできる無料登録はこちらから→MIIDASが転職すべきタイミングを見出します!