世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

仕事と家庭がどっちが大切?への回答をみつけた気がする。

エッセンシャル思考はどんな本?

週末にエッセンシャル思考という本を読みました。

簡単に言うと、本質的なことだけに集して、何かを成し遂げるためにはどうしたら良いのか、その解を導き出す本です。

エッセンシャル思考は、いつも忙しくてバタバタしていたり、家族との時間が作れなくて悩んでいたり、これからの新年度、何かを成し遂げようと気合を入れている人にぴったりのビジネス書でした。

 

エッセンシャル思考に出てくるビジネスの名著たち

エッセンシャル思考を読んでいて、途中から不気味な気分になってきました。

文中に、かつて自分が読んできて、特に影響を受けたビジネス書の名著が要所要所で登場するのです。

 

仕事へなら取り組み方を根本から変えてくれて、未だに心の中で引用することの多いザ・ゴール、禁酒へと導いてくれた習慣の力、この二冊は長めに、そして何度か引用されます。

 

また、具体的に名前は登場しませんが、日本でバカ売れしたアドラー心理学、そう嫌われる勇気と同じようなエッセンスもクライマックスで登場してきます。

 

もしもこれらの本を未だ読んだことがないのであれば、エッセンシャル思考を読み、身体に落とし込むことで、ザ・ゴールも習慣の力も、嫌われる勇気も読んだな等しい成果を得ることができるでしょう。

 

自分のようにこれらの本をすでに読んだという人にとっては、復習し、考えをアップデートするために最良の書となるのではないでしょうか。

 

エッセンシャル思考は、やりたくないことやってる暇はないを後押ししてくれる

最近、なんで仕事をしながら虚しい気持ちになることがあります。

なんて面白くない仕事。

なんて面白くない人たち。

そんな環境の中で一日の大半を過ごす虚しさ。

 

ほとんど大勢に影響がないあれやこれやに時間をかけているうちに子供はどんどん大きくなり、犬たちは年老いていきます。

 

もっとやるべきことに集中しないと、子供や犬たちと過ごす時間を犠牲にしている意味がないではないか。

そんな思いを救ってくれる本がエッセンシャル思考です。

どうしたらどうでも良い事や他人に時間をとられず、本質的なことに集中をすることができるのかを丁寧に綴っています。

 

エッセンシャル思考で特に好きなエピソード

エッセンシャル思考で特に好きなのが、7つの習慣の作者が、仕事より娘とのエピソードを大切にしたという話。

わかる!わかる!と最近の自分のモードでは共感しまくりでした。

 

自分もある部分では、エッセンシャル思考を実践しているんだなあ、だからこそエッセンシャル思考が面白かったんだなあというエピソードでした。

 

自分にとって本当に大切なものを常に意識して、生きる上での判断基準にすることの大切さがわかるエピソードです。

 

自分にとって大切なものは何?

エッセンシャル思考を読んで、思いが加速しました。

自分はそう間違ってはいないんだな。

なんとなく空気を読んで、仕事が終わっているのに少し会社に残っていたりは、やっぱりやらなくて良いんだなという、そんな気持ちになる優しい本でした。

 

今回のブログに登場した本

 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 

習慣の力

習慣の力

 

 

 

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

  • 作者: エリヤフ・ゴールドラット,三本木亮
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2001/05/18
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 32人 クリック: 373回
  • この商品を含むブログ (390件) を見る
 

 

 

 

kowalski22.hatenablog.com

 

 

kowalski22.hatenablog.com