世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

転職支援サービスで年収を調べただけで幸せになった

f:id:kowalski22:20180320085103j:plain

転職支援サービスを利用したことはありますか?

昔はよく利用していたのですが、自分はほぼ10年ぶりに使用しました。

何の拍子かは忘れましたが、何かの拍子でMIIDAS(ミーダス) というサービスに登録をして、想定オファー年収を調べてみたのです。

 

今の年収より200万円も多い想定オファー年収が表示されて、最近では感じたことのなり幸福な気持ちを味わいました。

 

行き詰まりを感じる就職氷河期世代

転職するしないにかかわらず、転職サイトを利用して自分が転職した際に想定される年収を調べるのは意義のあることでしょう。

特に、同じ会社に勤め続けていて、出世の道もほぼ途絶えてしまった自分のような存在にとっては、ありあまる意義があります。

 

仕事はそこそこできると感じていて(もちろん今の会社の中で)、それでも抜きん出ることができない。

40代の氷河期世代に多いようなきがするのですが、そんなくすぶってしまっている人は、何か精神的な打開策を見つける必要があります。

人によっては家庭だったり、人によっては趣味だったりをよりどころにするなど。

でも、悲しいかな就職氷河期世代はお金がなくて結婚できなかったり、打ち込む趣味が見つけられない人が多いのもまた現実です。

 

一度自分の価値を確認すべき就職氷河期世代

で、なんだかくすぶっているのが嫌で、転職したり起業したりの道を模索するのですが、どうも勇気がない。

そもそも勇気を出して飛び出した人達が、行方知らずになっていたりする。

 

そんな時に冷静さと希望を見るけることができるのが、転職支援サービスで年収などを調べるという行為です。

一度登録だけでもして、想定年収を見てみると良いでしょう。

人によっては歓びで思わず破顔してしまうかもしれません。

 

もちろん、実際に想定年収通りのオファーがくるなんて思ってはいません。

自分は北国で働いていて、出る気もありませんので、そんな年収の企業が地元にないのは知っています。

 

それでも、画面に表示された想定年収オファーを見て、嬉しかったのです。

きっと画面に表示された年収は少し盛っていて、さらに東京勤務なのでしょう。

それでも、昔の同期、東京で働く友人たちの年収話しを聞いて劣等感を感じていた自分にとっては慰みとなりました。

「俺も、東京で働いていたら同じ位稼げるんだよ」

 

わずか10分程度の登録作業で、年収が表示されました。

MIIDAS(ミーダス) 、はじめて知りましたが中々良いサイトでした。

あとは実際にオファーがきたりすると、テンション爆上げなんです。