世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

メールの署名から会社の代表電話番号を消してみたら仕事が捗りまくったという話

f:id:kowalski22:20180310053022j:plain

メールの署名に入れていた会社の代表電話の番号を消してみました。

これがちょっとしたライフハックになったので紹介したいと思います。

 

 

どうしてメールの署名から会社の代表電話番号を消したのか

そもそもどうしてメールの署名から会社の代表電話番号を消そうと思ったのか。

いつの頃からか、会社の代表電話番号に自分宛ての電話がかかってくることが不快に感じるようになっていたからです。

 

突然かかってくる電話はただでさえ不快です。

スマホにかかってくる電話であれば、番号がディスプレイに表示されるので、かけてきた相手によっては出ないという選択肢を選ぶことができるから、まだマシです。

 

固定電話にかかってくると、誰からの電話か事前に察知することが難しく、取り次がれた電話にはとりあえず出るしかありません。

とりあえず出た電話がどうでも良い用事だった場合の落胆と苛立ち。

 

代表電話にかかってきた電話の不快さは更に続きます。

電話をしている間、動くことができないのです。

スマホであれば電話をしながら、打ち合わせのある部屋へ移動したり、場合によっては外出さえできます。

しかし、代表電話にかかってきた電話に対しては、デスクの前で応対をするしかないのです。

 

代表電話、つまり固定電話は時間だけでなく、場所も拘束されてしまうのです。

とにかくこの不快さを生活の中から排除したかったのです。

 

 

メールの署名から代表電話を消して起きたこと

みんなスマホに電話をしてくるようになった

仕事相手に電話をする際、今では殆どの人がメールの署名を見て電話をかけているのではないでしょうか。

相手の会社の電話番号を覚えている場合は、イチイチ確認はしないかもしれませんが、取引がそれほど頻繁ではない場合などは、スマホの電話帳、もしくはメールの署名で番号を確認するのが一般的です。

 

で、メールの署名に会社の電話番号が載っていないわけです。

イチイチ名刺を探してまでも、代表電話の番号を調べるよりは、さくっとスマホにかけてくるのが当然でしょう。

 

古くからの付き合いがある、現場仕事のオジサン社長達以外の殆どの人たちは、会社へ電話するのではなく、スマホに電話をかけてくるようになりました。

 

かかってくる電話の数が減った

代表電話にかけてくる人たちは、どうしてスマホではなく代表電話にかけてくるのでしょうか。

スマホに電話して、相手が外出中だったら申し訳ないという理由が結構あるみたいです。

 

そんな人たちが、電話をかけようと思いメールの署名を見てみたけれど、スマホの番号しか載っていない場合、どうするのでしょうか。

いきなりスマホに電話をするのをためらう人たちです。

やはりスマホに電話をせずに、メールで用件を伝えてくるようになりました。

まさに狙い通りです。

 

取り次ぐ人たちの仕事が減った

我が社では電話を取り次ぐのは、経理や総務の担当者たちです。

営業が電話に出ないという殿様ルールも結構謎ではありますが、この電話の取次は経理担当者たちにとっては、かなりの負担となっているのは間違いありません。

当然です。

自分にかかってくる電話でさえ、不快で発狂しそうになる時があるのに、人の電話を取り次がなければならないのです。心中お察しします。

 

自分がメールの署名から代表電話の番号を消したことにより、少なくとも彼女たち(経理担当者は女性がほとんどです)へと繋がる1本のルートは減ることとなりました。

日頃残業が多くてストレスで目が濁ってきている彼女たちの仕事を、わずかながらでも減らすことができたのです。

 

ちょっとした工夫が思わぬ効果を及ぼす

ちょっとした工夫が思わぬ効果をもたらします。

今回のメールの署名から会社の電話番号を消してみるは、まさにそんな一例でした。

ストレスを感じることがあったら、放置をせずに何かを少し変えてみる。

それが莫大な効果をもたらす可能性があります。

 

 

kowalski22.hatenablog.com

 

 

さて、週末は楽しみにしていたブルージャイアントの新刊がKindleで発売されているようですので、お風呂で読んで気分をあげていきたいと思います。